上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宿命

東野圭吾/講談社文庫

昨日買って、今日読了。
このようにして読んでいれば、積ン読は行われないのです。
(現在2冊のうち1冊は未読本。文庫限定)

そして東野圭吾は本当にすぐに読み終わらないと気がすまない。

【物語】
殺人事件発生。
犯人を追う刑事、疑惑の男は幼い頃からの因縁の相手。
そしてその妻はかつての恋人。

ドロドロの予感。

『容疑者Xの献身』のような
胸を掴まれるようなドキドキ感はなかったですが、
それでもひと癖・ふた癖ある終わり方。

先にまとめると、おもしろかった。

以下、感想文。ゆるくネタバレ。


スポンサーサイト
テーマ:推理小説・ミステリー
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。