上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末はまんがを買ってばかりでした。
その一部。

C.M.B.森羅博物館の事件目録 7
Q.E.D.-証明終了- 29
共に加藤元浩(講談社)

どちらも女の子がとっても元気でおもしろい。
うんちくははなから分かりません。

3月のライオン』羽海野チカ(白泉社)

どことなく楽しくて切ないお話。

他にも、『よつばと』の1巻を買ってみました。
まだ読んでいません。

思わず衝動買いした本がたくさんあるので(多分続きは買わない)、
どっしようかお悩み中。

本を三冊持っていったら買いすぎたかなぁと思うのに、
この間10冊以上を手にしてレジにいた人を見てまだまだ、と。
一度に本をたくさん買ってみたいです。
文庫だったら、服より安いし…。
あ、重さがあった。
スポンサーサイト
テーマ:マンガ
ジャンル:本・雑誌
君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956

監督/クリスティナ・ゴダ
出演/イヴァーン・フェニェー、カタ・ドボー、シャーンドル・チャーニ、他


「白バラの祈り -ゾフィー・ショル最期の日々-」
「サルバトールの朝」

ときて、今作。

国は違えど、中身は圧政下における若者の抵抗と国家権力の非道を
描いていたのではないかなと。

以下、感想文


テーマ:ヨーロッパ映画
ジャンル:映画
イギリス紳士のユーモア

小林章夫・著/講談社学術文庫

読了。

「紳士」と「イギリス」と「ユーモア」と。
ステキな単語だけを並べたタイトルだったので思わずお買い上げ。
出している所が<講談社文庫>ではなく<講談社学術文庫>だったので、
失敗したかもしれないと危惧しましたが、意外と読みやすい。

以下、感想文。

テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。