上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管仲 上・下

宮城谷昌光・著/文春文庫

上巻はだらーっと読んで(いえ、充分面白いです)、
下巻でだーっと感涙。

コトワザで有名な「管鮑の交わり」ですよ。
言葉は知っているのに、モトネタ知らないので読んでみた。
書いているの、宮城谷昌光さんだし。

やっぱり、宮城谷昌光さんの文章って好きだな。
やさしいから。
むずかしい漢字がいっぱいで、
もちっとこまめにフリガナうってくれとは思うけど。


以下、感想文。

スポンサーサイト
テーマ:読書メモ
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。