上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラックブック

監督/ポール・ヴァーホーヴェン
出演/カリス・ファン・ハウテン、トム・ホフマン、セバスチャン・コッホ、デレク・デ・リント、
     ハリナ・ライン、ワルデマー・コブス、他

史実をベースにした話は、楽しめるか寝るかと大別されるので
劇場でチケットを購入する瞬間まで悩みます。

で、今回の映画。
監督をウォルフガング・ペーターゼンと混同していました。すんません。

見ごたえのある映画で、
いつもより真面目な感想と、いつも通りの感想と、いつも通りのおばかな感想が
脳内で錯綜しています。

ハリウッドの見目の良い俳優が集っているわけでもないですが、
このような映画にもやはり鑑賞に耐えうると言うより
鑑賞するに相応しい役者がたくさん登場するので
それだけでも大変おいしい映画だとおもいます。
つまりはとても素敵な役者さんが目白押しで
先日観た「バッテリー」とは違う意味でごちそうさまでしたと。

【物語】
オランダに住むユダヤ人ラヘルは、家族とともに南へ闘争途中にドイツ軍の虐殺に遭い、
ただ一人生き残る。

とりあえず、軍人に黒いコートを支給するのは世界規模で中止して欲しいと
切に願ってしまう話です。(黒のロングコートは2割増しです)

以下、無駄に長い感想。ネタバレ注意報発令。
何割かは映画の感想でもなんでもないです。
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。