上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月10日(日)~12月16日(土)の記録

[1] 働きマン 1、2 (安野モヨコ/講談社)

[2] 恋のドレスとつぼみの淑女―ヴィクトリアン・ローズ・テーラー
   (青木 祐子/集英社コバルト文庫)


今週は上記3冊のみ。

「恋のドレスと~」はお口直しみたいに読んだけれど
面白かったです。
イギリスが舞台というのがツボでして…。

働きマンは“モーニング”でときどき読んでいるのに
まとめて読みたくなったから。
面白いぞ、松方弘子。

※追記…
 『働きマン』3も購入。
スポンサーサイト
テーマ:この本買いました
ジャンル:本・雑誌
犬神家の一族(2006)

原作/横溝正史
監督/市川崑

出演/石坂浩二、松嶋菜々子、尾上菊之助(5代目)、富司純子、松坂慶子、萬田久子、他豪華


ということで、試写会で見た映画の感想文。

個人的には、他豪華な脇がツボでした。
林家木久蔵とか、中村玉緒とか、三谷幸喜とか大滝秀治さんとか、仲代達矢とか、
岸部一徳さんとか…。

【物語】
大富豪・犬神佐兵衛の死後、公開された巨額の遺産をめぐる犬神家の凄惨な殺人事件

金田一耕介

以下、ネタバレネタバレ感想文

テーマ:犬神家の一族
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。