上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そうかもしれない

監督/保坂延彦
出演/雪村いづみ、阿藤快、下條アトム、夏木陽介、烏丸せつこ、桂春團治(三代目)、他

今年の号泣映画は『手紙』で決まりでしょうと思っていたら
師走に伏兵がいました。
(でもこれ2005年の作品)

タオルハンカチ必携。マスカラ塗ってなくて良かった。
『手紙』の玉山鉄二並に涙が出る覚悟なぞできていませんで
嗚咽がおさまらずに大変でした。

映画が終わって、映画館を出た後も
思い出そうとしていないのに、余韻にひたって涙が止まりませんでした。
泣きながら彷徨う姿は多分ヘンだったと思います。

【物語】
二人仲良く暮らしてきた老夫婦に忍び寄る影。
妻に認知症の症状があらわれ、
献身的に尽くしながらも体力に限界を感じホームに入所させる夫。
その夫の体もまた、癌に冒されていた。

以下、感想文。もちろんネタバレ。
スポンサーサイト
テーマ:心に残る映画
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。