上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
君主論(Il Principe)

ニコロ・マキアヴェッリ[著] 河島 英昭[訳]
岩波文庫

ずっとマキャヴェリかと思ってた。訳注はスルーして読了。

自問:この本を選んだ理由は?
自答:『銀色のフィレンチェ』でマキャ~の名前がやたら出ていたから

三人称が多くて、油断するとなに言ってんの、この人?
という話。
油断して無くてもすでにもうわけわかんない状態ですけど。

この本だけ読んでもなんのことやらさっぱり分からなくて、
事例として挙げられている、世界史のテキストにも載っていない
歴史上の出来事を知らないとわけわからんとです。
載っている出来事でも、わからないですけど。

本当に、わけわかんなかったです。
以下、
「387ページのうち後半はほとんど訳注で、本文は以外と短い、
と言いつつやっぱり他の本と同様に時間かけまくった」
君主論の感想文。
別に読書の一環で読んだのであって、
マキアヴェッリに関するお勉強などしたことがない
通りすがりの者の感想なので他の小説と同様の感想です(負け惜しみ)。
スポンサーサイト
テーマ:読了本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。