上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パンフ表紙

出口のない海

原作/横山秀夫
監督/佐々部清
出演/市川海老蔵、伊勢谷友介、上野樹里、塩谷瞬、他

行ってきました。
特攻といえば飛行機ですが今回は人間魚雷。
飛行機の映画と言えば、「月光の夏」、ハンカチ必携。
田中実が特攻隊員を演じていて、
今回は回天を運ぶ潜水艦を香川照之と動かしていました。
時の流れって…。

早速話を逸らしてどうする。

<感想その1>
伊勢谷友介、格好いいです。
「嫌われ松子の一生」でも格好いいと思っていたのに、
北中尉も格好よかったです。

【物語】
太平洋戦争末期。
元甲子園球児が海軍に志願し、人間魚雷《回天》に乗る話。

以下、感想文。先日の本の感想文とは異なります。
不思議ですね、同じ物語(の筈)なのに。
スポンサーサイト
テーマ:邦画
ジャンル:映画
銀色のフィレンチェ ―メディチ家殺人事件―

塩野七生・著/朝日文庫

三部作の2作目、読了。一作目の『緋色のヴェネチア』はこのちょっと前に読了しています。
ということで、ちょこまかとほっぽりだしていた本は、
この銀色のフィレンチェでございました。

以下、私的なフィレンチェの知識
「冷静と情熱の間に」の舞台。竹野内豊が働いていたところ。
あれ、ケリー・チャンがいたところだっけ?
以上。

【物語】
ヴェネチアの名門貴族の当主マルコ・ダンドロ氏が訪れたのはフィレンチェ。
フィレンチェの権力者の側近が殺されるところから物語が始まります。

以下、感想文。
テーマ:読書メモ
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。