上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロートレック荘事件

筒井康隆・著/新潮文庫

ロートレック荘で事件が起きる一人称の物語。

読了。

ミステリを読む姿勢として、
犯人はこいつだと思っても毎回毎回騙されるので
どれだけラストシーンでわくわくさせてくれるんだろうと
期待を込めて読む事が多いです。

感想は…以下ちょっとだけあんまり露骨なので反転。
ラストは、親切にもページと行を教えてくれるので、
そこへ戻りながら「あぁ!」と思い出す作品というか、

見事に途中からページを戻る事、諦めました。

一読目は無心に、二読目は犯人も分かっている事なので行間に注意して読む。

一冊で二度楽しい本だと思います。今の所再読する気にはなれませんが。
スポンサーサイト
テーマ:推理小説・ミステリー
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。