上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハリー・ポッターと炎のゴブレット(日本語字幕版)

原作/J・K・ローリング  監督/マイク・ニューウェル
出演/ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、etc

原作『ハリー・ポッター』シリーズを一切読んでいない人間の感想文。

【物語】
ダンブルドアは、ホグワーツの主催で“三大魔法学校対抗試合”をおこなうと宣言する。
このトーナメントは魔術の技量を競うもので、最高のスリルと最大の危険を伴う。
魔法界の名門校3校から代表選手がひとりずつ選ばれ、栄えある優勝杯を賭けて、
命がけの戦いを繰り広げるのだ。

公式サイトより抜粋)

参加選手は全員17歳以上でなければならない。
だが、なぜかハリー・ポッターの名前も呼ばれてしまう。
このあたりが、なんかうさんくせーと思ってしまうのですが気にしない。
それより、ハリーって14歳だったんだと驚く。あれ、賢者の石のときは何歳だっけ?

以下、ネタバレ独り言

スポンサーサイト
テーマ:ハリー・ポッターシリーズ
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。