上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IN HER SHOES

監督/カーティス・ハンソン
出演/キャメロン・ディアス、トニー・コレット、シャリー・マクレーン、etc

出演者の平均年齢が高い映画。主演二人でなんとか下げてます…みたいな。
『エリザベス・タウン』と天秤にかけて、
上記の映画の方が遅めの上映開始だったので選びました。
本当にそれだけの理由。オーランド・ブルームにとことん縁がありませぬ。

そんなこんなで、久々に普通のアメリカ映画を観てきました。
普通の映画と言うのは、登場人物がフォースを使ったり、
人工知能が反乱起こしたりしない映画。
もっと平たくいうとエンドロールが長くない映画。

キャメロン・ディアスも久しぶりで、「足が長いなぁ」と
上映中に物語りとは関係の無い事で感心してしまいました。

【物語】
容姿には自信は無いが弁護士としてキャリアを重ねるローズ(姉)のもとに、
美人だけど、読書障害で文字が読めずに定職に就く事がままならないマギー(妹)が
ある日転がり込んでくる。
性格も生き方も違う二人の姉妹が生活を始めるものの、うまくいくはずもなく
出張から戻ってきたローズは、自宅で衝撃を受ける。

…って、どこに靴が出てきてる。以下ネタバレの嵐。

スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。