上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『砂の女』 (安部公房 著/新潮文庫)

やっとこさ読了。
最初は読むのが大変だったけど、
あとからなんとか追いついた感の強い本。

物語は、砂の中にある家に閉じ込められた男が脱出を考え・実行する話。
読んでいて喉が渇きます。

一番印象的な科白は、
「かまいやしないじゃないですか、そんな、他人のことなんか、どうだって!」
なんか、文字だけでなく、声が聞こえてきそうなくらいに現実味のある言葉で、
今もどこかで誰かが叫んでいるかもしれない。

ラストを「ハタチになってタバコを止めた元喫煙者」
と勝手に解釈。
スポンサーサイト
テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。