上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『オペラ座の怪人』
製作・脚本・作曲:アンドリュー・ロイド=ウェーバー
監督: ジョエル・シューマカー

物語が好きといいながらミュージカルは観た事がないし、
ガストン・ルルーの原作にいたっては途中で挫折。
内容は、スーザン・ケイが書いた「phantom」でだいたい把握。

今まで同タイトルの映画を観たけど、あんまり好みでなく、
どうも脳内で勝手に最高級の物語が出来上がっていたっぽい
『オペラ座の怪人』。

でっかい看板をみて、ミュージカルを映画化と聞いて本当に期待しました。
ポスターでは怪人は顔が見えないから美醜なんて判別つかないし、
クリスティーヌも可愛いし。
期待通りというより、怪人(ジェラルド・バトラー)が格好良くって泣きそうになりました。

スポンサーサイト
テーマ:映画
ジャンル:映画
B0009J8DJ2.01.LZZZZZZZ.jpg


最近パソコンに入れっぱなしのCD。
『皇帝ペンギン/エミリー・シモン』

映画の中で“all is white”が一番耳に残っていました(エンディングの曲です)
力いっぱい声を張るのではなく、
囁くように歌っていてとても心地良いです。

きれいな歌声は大好きです。
テーマ:サントラ
ジャンル:映画
『黒い雨』 井伏鱒二・著  新潮社
読了。
6日までに読みたかったのですが、残念。

広島に関する書籍は、小学生の時に
『おこりじぞう』を読んだのを覚えています。
あんなことが起きたら、いくらお地蔵さんでも怒るわぁ!
というような感想を持った覚えが…。
もっとマシな感想を持とうよ、当時の私。

テーマ:読書メモ
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。