上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スターウォーズ EpisodeⅢシスの復讐
(Ⅰ・Ⅱ鑑賞済み Ⅳ~Ⅵ金曜ロードショーで2、3分観たくらい)
以下ネタバレ有の感想文。というより、つらつらと。

冒頭の宇宙シーンは凄い凄い!
目が追いつかない。というより、何に対して攻撃を仕掛けているのかサッパリ分からなかった。
オープニングの文章はちゃんと読みましょうということか。

まず、ヨーダ万歳
EpisodeⅡであの軽やかな動きにメロメロになって、
今回も期待していました。
結果は期待以上。ヨーダが出てくる度に、何をしてくれるんだろうかとドキドキ。
動きがひたすら可愛い。格好いい。強いぞ、ヨーダ!!(その次はR2-D2)

アナキン・スカイウォーカー。
特殊能力持っているとスカウトがいっぱいきて大変だね。
昔の映画は観ていないくせに、ベイダー卿がシューシューいっているのはなぜか知っているので、
あの効果音はなんなのでしょうか、というのがささやかな疑問でしたが、納得。
暗黒面に落ちたら目の下にクマができるのが特徴のようです。
アナキン君が『選ばれし者』という設定をすっかり忘れていた…。

パドメがⅠの頃より地味めな衣装だったのが気になりましたが、
女王様だったから派手だったんだと無理やり納得。
でも、ラストで着ていた服と髪型はすんごく可愛かった。
髪型はどっかで見たような気がするのですが・・・。
EpisodeⅠを観ようと思ったのは、一重にナタリー・ポートマンが出ているから。そんな理由。

物語については。
妊婦が宇宙船に乗って火事場のそば(溶岩?)にいくなとか、
最後で頼りになるのは父親よりC-3POとR2-D2だったというオチなんだとか、
くらいしか思い浮かばない…。

さて、次は何の映画を観ようか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。