上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いい加減、料理らしい料理を覚えなけりゃならないなと思う今日この頃。
でも覚えられない、覚えられないんだ。




【お好み焼きソースはお好みで投入する、やきそば】

◆材料
・そば

・具
 鶏肉・キャベツ・人参・たけのこ・玉ねぎ

・味付け
 中華調味料のお湯割り・お酒・塩・胡椒

◆過程
(1)
  • 人参・たけのこ・玉ねぎを炒め、皿に置く
  • そばを袋から出して電子レンジであっためておく
  • 鶏肉を焼いてキャベツを放り込んでキャベツが多すぎて焦る

(2)
  • 時間の経過と共に水分を失い、鍋にスペースができたところで別皿の野菜を投入
  • いい頃合にあっためておいたそばも投入
  • 中華調味料のお湯割りにお酒を足したものを投入

(3)
  • しゅーりょー


◆食後
味見を一切していないのが特徴の料理ですが、
うんまあなんというか…のびてる。
ちなみに家族の一人はお好み焼きソースで味を調節しよった。

(1)の過程で、たけのこに塩をかけて焼いたのを摘み食いしたら
美味しかったので、これはこれでいけます。

スポンサーサイト
テーマ:作ってみた
ジャンル:グルメ
テキストのみの料理の作り方と、知らないキャラクタをゴールとする絵描き歌は似ていると思います。

次に作りたいと思ってもぜったい忘れている料理の私的メモ

◆料理名:?

◆材料
豚肉(コマ切れ)…381g
A…おろし生姜・醤油・酒

人参・たけのこ

中華調味料(味付け用)
片栗粉(とろみ用)

もやし
サラダ菜

※分量は自前の中華鍋で一度に炒められることを前提に調節
※もやしは美味しいから一袋投入

◆思い出せる限りの作成動作
(1)
・豚肉とA(酒と醤油の分量は気分で変化)をボウルに放り込んで放置
・人参とたけのこを薄切りにしておく
・中華調味料をお湯で割っておく(分量は気分)
・とろみ用の片栗粉を水で溶いておく(分量は気分)

(2)
・中華鍋でもやしを単体でひたすら炒めてお皿に移す
・中華鍋で人参とたけのこを気持ち炒めて以下同文

(3)
・鍋と油を熱しなおし、放置していた豚肉を投入
・火が通った頃合を見計らって、人参・たけのこを投入
・[いつでも]サラダ菜を食べ安い大きさにちぎってお皿に敷く
・[いつでも]サラダ菜の上に炒めておいたもやしを置く

(4)
・スープにしておいた中華調味料を投入(入れ過ぎに注意)
・「いただきます」の直前まで保温で放置
・ごはん等を準備してから、水溶き片栗粉を投入
・サラダ菜&もやしの上に中華鍋上にあるものを移す

(5)
・しゅーりょー

◆メモ
できそこないの八宝菜みたい。

たけのこは季節だからあっただけど入れたのは正解。
うまし。
あれば玉ねぎやピーマンを入れたい。
中華調味料を偶々発見できただけで、
見つけられなかったらブイヨンかコンソメで同じ物を作っていたハズ。
サラダ菜も、レタスやキャベツや洗ってそのまま広げられる葉系ならいける。
も や し 必 須 !
もやしのしゃきしゃき感を大切にしたい。

どうでもいいですがIHに中華鍋はバランスが悪いです。
たけのこを水に晒したものが台所を占拠していい加減邪魔な担ってきたのでやっと調理することにしました。

初・たけのこ料理

たけのこの料理なんて青椒肉絲しか知らないし、
それだってたけのこは混ぜる奴のなかにはいっているから
実際にたけのこと対峙したのはこれが初めて。

で、とりあえずクックパッドで「たけのこ 鶏肉」で検索したらいい具合にヒットして、でも面倒そうなのばかりが目に付いたので結局肉じゃがの要領で作ってしゅーりょー。

他、千切り(より太い)にしたたけのことピーマンを炒めて卵とじ。

向上心のないオナゴなので若竹煮とか作る気がない。
ワカメもない。

テーマ:ひとりごと。
ジャンル:日記
ということで、恵方巻1本食べました。
延々食べ続けるのは無理なので、お吸い物と交互に。

お吸い物

お吸い物、作りました。
お味噌汁より気を遣う気がする、お吸い物です。
豆腐ではなく鱧を入れました。
写真のちいさな鱧はだいたい100円前後/1欠片です。
高い!

■鱧のお吸い物(自分の覚書なので正しくない)
+出汁は煮干
(お椀×人数分+αの量の水に煮干をえいっと入れてしばらく放置。
人数分より大目の水は味見分を確保するためと最近悟りました)
+塩、醤油、悔しいけど調味料(これはほんのちょっと)
+鱧(とりあえず湯引きしておく)
+三つ葉(三つ葉を料理に使うってすごい贅沢と思います)
+存在を忘れかけていた柚子の皮

(1)
味見を繰り返しながら醤油と塩の量を調節し、
それでもなにか足りないと思ったら調味料を気持ち入れる。
調味料入れてもあまりかわらないと思ったら、
塩で調節する。調味料にたよるのは1回だけ。

(2)
もうこれ以上入れたら不味くなるかも…というところで諦め、
湯引きした鱧を投下。全体的に火は弱め。
お椀に三つ葉と柚子皮を入れて待機。

(3)
器に盛って出来上がり。


【自己評価】
次回、これ以上美味しく作る自信はないけど、
これより不味く作れる自信はあります。

スーパーで鱧を探していたら蛤発見。
次は蛤に挑戦!(願望)



すこし思うところ。

最近、ブログって便利だなぁと思いました(いまさら)。
なんだこの至れり尽くせりな機能は、と。
使いこなせていませんが。

テーマ:お料理
ジャンル:趣味・実用
メインディッシュは筑前煮。

これと米と味噌汁があれば事足るのに、
足りない人がいるとたいへん。

なので冷凍カレイを南蛮漬けにしました。
美味しい。ぱりぱり感がたまりません。

春が来る前にもう一度おでんを作りたい…。

テーマ:今日のつぶやき
ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。