上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さよなら、アルマ
-戦場に送られた犬の物語-

水野宗徳/サンクチュアリ出版

一番ショッキングな事実→文庫じゃない∑(゚□゚;)
買いましたが。

12月18日にNHKでドラマ化(ここが一番重要)
されなければ読む事もなかったであろう作品、読了。

容量的には一気読みも厳しくはないけれど、勢いはつかない。
背中を押してくれたのは彼です。ありがとう。
脳内では、好青年とシェパードとのハートフルで切ない物語が展開していました。

さよなら、アルマさよなら、アルマ
(2010/08/10)
水野 宗徳

商品詳細を見る



■物語
1945年よりも前の、"軍犬"になった犬とその飼い主の物語。
物語は飼い主の一人称。

以下、感想。

スポンサーサイト
テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
きみはなぜ生きているのか?

中島義道(偕成社)


児童書というふれこみで楽しみにしていたら、主人公が思ったよりも大きな子(15歳・高校生)で驚いた。
小学生くらいにどこまで噛み砕いて語るのだろうと思っていましたので。

【物語】
高校生でひきこもりのクライ君のところに、手紙が届く。

あえて突っ込むところではないと思いますが、無理矢理しなくても「伊倉君」で良かったんでね?と思ったりもした。

テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
ウィーン家族

中島義道・著/角川書店

釈然としないまま読了。

■物語
なかじ…いえ、主人公・川島康司と妻・多喜子、息子・博司との確執。

人間は分かり合えない、という話ですか、これは???

以下、感想文



テーマ:最近読んだ本
ジャンル:本・雑誌
弁護側の証人

小泉喜美子・著/集英社文庫

帯の「各氏絶賛」に惹かれて手にとって(薄かったし)、
即日読了。

胸の間の骨のあたりが痛いくらいにドキドキしています。

トリックとかそんなのはもういいのです。いつも分からないし。
読み進めていって、気持ちよく騙されたことが分かった瞬間から
ラストまでの動悸がたまらなく心地よい物語でした。

最初にまとめると

"面白かった!!!!!"

と声を大にして言いたいです。だからフォント大きめ。


弁護側の証人 (集英社文庫)弁護側の証人 (集英社文庫)
(2009/04/17)
小泉 喜美子

商品詳細を見る


■物語

大金持ちの老人が殺され、犯人が暴かれるまでの物語。

以下、感想文。そこはかとなくネタバレ

テーマ:今日の一冊
ジャンル:本・雑誌
後鳥羽伝説殺人事件

内田康夫・著/角川文庫

浅見光彦シリーズ第1弾!!


ドラマはしっかり観ています!

 イコール

犯人もトリックも了解済み。


■物語
広島のどこかの駅で女性が一人殺される。
彼女が持っていたはずの本が行方不明になり、
事件を追う刑事は浅見光彦に辿り着く。

水戸黄門のごとく浅見光彦の正体がばれるシーンが好きで
TBS系の浅見光彦シリーズをたまに観ています。

以下、感想文。


テーマ:読書メモ
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。