上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
藤田和日郎の「赤ずきん」といい、
「赤ずきん」ちゃんを見直さないといけない。

ゴス版「赤ずきん」にゲイリー・オールドマンら名優の出演決定

狼を退治する神父さんとのこと。

・・・・・・。

さて、グリム童話を読み直そうか。
退治するのは猟師さんだと思ってた。


スポンサーサイト
テーマ:ひとりごと。
ジャンル:日記
2009年度日本インターネット映画大賞
外国映画部門


今年もありがとうございます。以下、投票。
(日本映画は鑑賞本数が少ないのでパスします。
勝地涼に票を入れたかったのに、ごめんなさい;_;)

田舎なので、都会基準だと一昨年のもあったりするのですが、
いいのかなぁ。

*************

[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

---------------------------------------------------------

『 外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「縞模様のパジャマの少年」 10点
  「カールじいさんの空飛ぶ家」   5点
  「愛を読むひと」   2点
  「セントアンナの奇跡」   2点
  「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」   3点
  「雪の下の炎」    8点

【コメント】
こんな感じで。
「縞模様の~」は最強。普通に観に行ったら、普通どころの騒ぎじゃなかった。
この作品に10点捧げたかったので、断腸の思いで諦めた作品もあります。
「カールじいさん~」は細々とおじいさんの動作にお年寄りくささ(?)が素敵に盛り込まれている所が素敵で、「愛を読むひと」は思わず原作本を二度読みしてしまったくらいよくて、「セントアンナの奇跡」は物語もさることながら合計出演時間が30分にも満たないけど重要な人物がとてもとても素敵で、「THIS IS IT」はMJをゴシップ系のセレブとしか見ていなかった自分に大反省を促して、「雪の下の炎」はドキュメンタリであることが信じられない映画でした。

---------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [  楽真琴   ] (「 雪の下の炎 」)
【コメント】
言葉がありません。

【主演男優賞】
   [ ベネチオ・デル・トロ ] (「 チェ 39歳 別れの手紙 」)
【コメント】
「28歳の革命」でもよかったんですけど、やっぱり最期を演じたほうに1票。

【主演女優賞】
   [ ケイト・ウィンスレット ] (「愛を読むひと」)
【コメント】
すごくきれいでした。

【助演男優賞】
   [ 金城武 ] (「 レッドクリフ PARTⅡ 」)
【コメント】
甲乙つけがたいので、欲目で決めました(言い切り)。

【助演女優賞】
   [ アビゲイル・ブレスリン ] (「 私の中のあなた 」)
【コメント】
末恐ろしい娘さんです。

【新人賞】
   [           ] (「        」)
【コメント】
誰が新人か分かりませんのでパス。

【音楽賞】
  「 マイケル・ジャクソン THIS IS IT 」
【コメント】
ゴシップ系のイメェジしかなかったMJですが、
映画観てCD欲しくなりました。まだ買ってないけど。


【ブラックラズベリー賞】
【コメント】
幸い、外国映画にありませんでした。
思い出したら血圧が…。

---------------------------------------------------------

【勝手に○×賞賞】
   [ 勝手に素晴らしいパンフレット賞 ]
  「セントアンナの奇跡」
【コメント】
 新聞記事を読みながらコーヒーカップを
 思いっきり傾けているシーンを見開きページで掲載してくれて
 ありがとうございます。


---------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
---------------------------------------------------------


*************

以上、去年のまとめでした。
滑りこみですがよろしくお願いします。

今年はまだ1本も観ていません。


テーマ:2009年映画感想
ジャンル:映画
小栗旬・初監督作品「シュアリー・サムデイ」の
公式サイトができてた。
うれしい布陣で早速目頭熱くなっています。

特報がアップされていたけれど、
動体視力に難があるのでみとれることが出来ない。嗚呼。

あと気になるのは、客層。
普通に映画として観るなら、
私は静かに観たいのです。
ミニシアター系…でもないよね。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
先日、梅田で『カールじいさんの空飛ぶ家』を鑑賞。
さすが都会は字幕&3Dも上映していました。

入場時に貸してくれる3D用のメガネ、
紙のフレーム&セロファンの色レンズと思いきや
精密機械ですって。
入場前にスタッフの方が説明していたけど、
「レンズに触らないで下さい」ってところしかきいてなかったよ。

それはそれとして、上映中に上手く作動しなかったらスタッフまで
お申し出下さいって。
……上映中に他の正常に作動しているメガネで見ている観客の前を
無理やり通り過ぎるのは無理がある。

3Dの映画なのですが、これ鑑賞する時は意地でもコンタクトにしないと
いけないなぁと思った次第でありました。

あと、いちおう気をつかってマスク装着していたんだけど、
マスク+メガネはくもりやすい。
そして泣くとスクリーンが見えなくなる。困った困った。

さいきんの2本のメモ

・アマルフィ 女神の報酬
 佐野史郎さんに懺悔したい。


・HACHI 約束の犬(字幕版)
 監督・新藤兼人、主演・仲代達矢の「ハチ公物語」と比べるのではなくて、
 途中途中でオリジナルのシーンを思い出してはだぁーっとなってきました。



なにか忘れているとおもったら、「謎のプリンス」と「破」を観ていません。

前者はシリウス・ブラックがあれあれしてやる気なくして、
後者は…悩み中。


テーマ:つぶやき
ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。