上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラテに感謝!
―転落エリートの私を救った世界最高の仕事
(How Starbucks Saved My Life)

マイケル・ゲイツ・ギル/著

副題長ッ!!!

新聞の広告欄で興味を持って本屋さんの検索機で「ラテ」で検索。
そんなもんだ。

めずらしく一気読み。ほんとうに珍しい。

◆内容
超エリート人生を歩いていたギル氏が会社をクビになってスタバで働くようになった自叙伝(?)。
帯には【トム・ハンクス映画化】。うん、トム・ハンクスだとぴったりすぎそうな内容。

◆感想
タイトル章のところに、スタバのカップに書かれている文章が書かれていてそんなことを書いてあったんだ~とちょっとスタバに行きたくなりました。そして、人々が注文する言い方で注文したくなるというなんと影響されやすい人間か。でもグランテとかさ、言えない。私は常に「いちばん小さいサイズ」と言っています。

というか、出てくるオーダーがほぼトールとかダブル・トールとか、どんだけ飲むんだ!って感じです。
スポンサーサイト
テーマ:読書感想
ジャンル:本・雑誌
ウィトゲンシュタイン―天才哲学者の思い出

ノーマン・マルコム (著)、板坂 元 (翻訳)
平凡社ライブラリー

読了。

「論理哲学論考 (岩波文庫)」持ってます。読みました。途中まで。
数ページどころか数行で眠くなる本を書いた人について書かれた本はとても面白かったです。

きっかけ→“な”のつくお先生の著作。

以下、感想

多分、翻訳した人がすごいんだよ。
だって読みやすかったから(勘違い)。
ウィトゲンシュタインの手紙の部分は可愛いし(巨大な間違い)。

ジュード・ロウ(最近のワトソンで惚れ直した)で映画化したらとっても素敵な映像になりそうだなぁと思いながら読んだのも良かったのかもしれない。他は誰がいいかな…とにかく、陰をもった超絶男前が演じたらとてもいいと思う。

そういう風な読み方をする読み物ではありません!と怒られるととても困るけれど、そのくらいウィトゲンシュタインという人物に夢を抱けるような描かれ方をしていました。

最期の時はもう、小説のクライマックスを読んでいる気分になるし。
よいものを読みました。



ウィトゲンシュタイン―天才哲学者の思い出 (平凡社ライブラリー (266))ウィトゲンシュタイン―天才哲学者の思い出 (平凡社ライブラリー (266))
(1998/10)
ノーマン・マルコム

商品詳細を見る


テーマ:ぐっときた本
ジャンル:本・雑誌
ソクラテスの弁明

プラトン/久保勉 (訳)
岩波文庫

再読(前に読んだ感想)。
『クリトン』はまだ、これから。
約4年前に読んでいました。

「アテナイ人諸君」と、最後の本当に舞台から去るような口上で終わったということしか覚えていないのでとても再読とは思えないくらいに新鮮な気持ちで読めました。

以下感想。

面白かった。

何が?と聞かれるととても困りますが、
とりあえず落ち着きます。

以上。


テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
おとなになれなかった弟たちに…

米倉斉加年・著/偕成社

年末に観た「坂の上の雲」。
大山巌役の方が誰だろうと
調べたら米倉斉加年さんと知って、
そのあとwikiで来歴見て、本を出版されていることも知って
内容が内容だったので興味を持ってしまってamazonへGO。

そのままほしいものリストに入れて放置だったのですが
以前からロムしていたサイトの方が本を出版されるということで

よっしゃ、予約だ、ついでにこの本もカートへ…。


以上前振り。

以下、本題。

【物語】
左ページが絵、右ページが文章ですぐに読み終わる物語。

【感想】
一人暮らしの人はいいけど、
複数人と同じ屋根の下で暮らしている自分は
一人になれる場所へ行って読みたい本。

おとなになれなかった弟たちに…おとなになれなかった弟たちに…
(1983/10)
米倉 斉加年

商品詳細を見る


テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
<対話>のない社会
思いやりと優しさが圧殺するもの

中島義道・著/PHP新書

読了

【内容】
中島せんせいの日常生活。嘘。

【感想】
お元気そうで何よりです。

思いやりと優しさ。

あいまいで実行することが難しいし、
「思いやり」とか「優しさ」とかってなんだ?と
ズケズケ聞くと眉をひそめられそうなことに
ズケズケと言っているような気がするのですが
たいがい間違いなのでこれも間違いです。

うーんとうなったのは(心中で)、
思いやりの暴力に気づかない人々の下り。

車内放送にほほえましさだか感謝をおぼえたご婦人の
新聞投稿にたいする、先生の訴え。



話変わって。

この本にも、著者の不愉快そうな日常が挿入されていて
そこを楽しみに読むという下心もあるのですが、
今回も面白かったです。

大学のお先生が取っ組み合いの喧嘩。
しかも酔っ払い。

テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。